眼科なら蟹江町のやまだ眼科へ

〒497-0031
愛知県海部郡蟹江町大字須成字上神鳥目2251

トピックス TOPICS

治療方法

注射

抗血管新生薬療法は滲出型加齢黄斑変性の治療に主に用いられます。ルセンティスまたはアイリーアによる薬物療法は、薬剤を直接眼内に注入して、新生血管に作用してこれを退縮させ病変を改善させる治療です。導入期では月1回薬剤を白眼の部分から眼の中心の硝子体という場所に向けて注射します。これを3 ヵ月間繰り返します。その後の維持期は、眼の診察や検査で症状をみながら、必要に応じて注射します。検査は必要に応じて月1回、視力検査と眼底検査、患部の光干渉断層撮影等を行い、病変部の変化および視機能の変化を確認します。

サプリメント

ビタミンCやビタミンE、β-カロテンという抗酸化ビタミンと亜鉛を一緒に取ることで加齢黄斑変性症の進行が20%~25%抑制できるとの研究結果があります。
食事だけでは推奨とするレベルの栄養を摂取できない人はサプリメントをおすすめしています。