眼科なら蟹江町のやまだ眼科へ

〒497-0038
愛知県海部郡蟹江町桜4丁目35番地

トピックス TOPICS

予防と治療について

サプリメントによる予防が
推奨されています

加齢黄斑変性は完治するのが難しいと言われており、日本眼科学会のガイドラインでは前駆病変の進行予防策の一つとして生活習慣や食事の改善およびサプリメントによる予防が推奨されています。サプリメントにおいては、AREDS(米国国立眼研究所が加齢黄斑変性の予防を検討した大規模臨床試験)に基づくものが採用されており世界的にも推奨されています。 当院では注射による治療をはじめ、臨床試験に基づいたサプリメントの処方を行っておりますので、お悩みの方は一度ご相談ください。

注射

抗血管新生薬療法は滲出型加齢黄斑変性の治療に主に用いられます。ルセンティスまたはアイリーアによる薬物療法は、薬剤を直接眼内に注入して、新生血管に作用してこれを退縮させ病変を改善させる治療です。導入期では月1回薬剤を白眼の部分から眼の中心の硝子体という場所に向けて注射します。これを3 ヵ月間繰り返します。その後の維持期は、眼の診察や検査で症状をみながら、必要に応じて注射します。検査は必要に応じて月1回、視力検査と眼底検査、患部の光干渉断層撮影等を行い、病変部の変化および視機能の変化を確認します。

サプリメント

ビタミンCやビタミンE、β-カロテンという抗酸化ビタミンと亜鉛を一緒に取ることで加齢黄斑変性症の進行が20%~25%抑制できるとの研究結果があります。
食事だけでは推奨とするレベルの栄養を摂取できない人はサプリメントをおすすめしています。

サプリメントの種類

オキュバイト
+ルテイン
オキュバイト
50+DX
プリザー
ビジョン2
将来的なリスクを意識し、毎日の食事栄養素のバランスを見直したい方にお使いいただきたいサプリメントです。 世界の疫学研究に基づきDHA・EPAをプラスしたサプリメントです。加齢を自覚し始めた方にお勧めします。 大規模な米国臨床研究の結果(AREDS2)に基づいた配合です。ハイリスクの方にお勧めしたいサプリメントです。

AREDSに基づくサプリメントを推奨しています

第一期、第二期と実施された大規模臨床試験の結果に基づく配合のサプリメントを処方しております。
世界的にも推奨されているサプリメントですので安心してご使用いただけます。