眼科なら蟹江町のやまだ眼科へ加齢黄斑変性症なら蟹江町のやまだ眼科へ

〒497-0038
愛知県海部郡蟹江町桜4丁目35番地

加齢黄斑変性 MACULAR

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症はどんな病気?

加齢黄斑変性とは、老化に伴って網膜の中心に出血やむくみをきたすことにより視力が低下していく病気です。
早期に発見することで症状や影響を最小限に抑えることができますが、放置すると進行して視力の回復が不能になってしまう場合もあります。
日ごろから、物が歪んで見えないかなど片目ずつチェックをすることが大切です。

こんな場合はご相談ください

  • 視力低下
  • 中心暗転
  • 歪んで見える
  • 視野が欠ける
  • 飛蚊症

加齢黄斑変性症の種類

萎縮型

網膜色素上皮が萎縮し、網膜が障害されます。加齢黄斑変性の多くはこのタイプで、症状は比較的ゆっくりと進行します。

滲出型

網膜色素上皮の下に溜まった老廃物を吸収するため、新生血管が発生し、もろい新生血管が破れて網膜下に血液が漏れ出すのが滲出型です。発症する割合は少ないものの、早く進行します。

50歳以上の5人に1人が
加齢黄斑変性症の予備軍です

眼底に老廃物や色素異常がある場合を加齢黄斑変性症予備軍としており、最近の研究では50歳以上の日本人で1,200万人の方が予備軍であると報告されています。視力の低下に気づきにくい場合も多いので少しでも違和感があればご相談ください。

検査について

OCTアンギオグラフィ検査

OCTアンギオグラフィは、これまでの性能をはるかに超えるもので、従来、蛍光造影剤を注射し撮影していた血管系の構造を描出する検査を、造影剤注射を使わずに(非侵襲=患者様のお身体に負担なく)より迅速で、より詳細に分析可能な撮影装置です。網膜剥離・緑内障・加齢性黄斑変性症・糖尿病網膜症・黄斑円孔・黄斑前膜・黄斑浮腫など、疾患の早期発見や精密な検査に貢献します。

予防と治療について

サプリメントによる予防が
推奨されています

加齢黄斑変性は完治するのが難しいと言われており、日本眼科学会のガイドラインでは前駆病変の進行予防策の一つとして生活習慣や食事の改善およびサプリメントによる予防が推奨されています。サプリメントにおいては、AREDS(米国国立眼研究所が加齢黄斑変性の予防を検討した大規模臨床試験)に基づくものが採用されており世界的にも推奨されています。 当院では注射による治療をはじめ、臨床試験に基づいたサプリメントの処方を行っておりますので、お悩みの方は一度ご相談ください。

注射

抗血管新生薬療法は滲出型加齢黄斑変性の治療に主に用いられます。ルセンティスまたはアイリーアによる薬物療法は、薬剤を直接眼内に注入して、新生血管に作用してこれを退縮させ病変を改善させる治療です。導入期では月1回薬剤を白眼の部分から眼の中心の硝子体という場所に向けて注射します。これを3 ヵ月間繰り返します。その後の維持期は、眼の診察や検査で症状をみながら、必要に応じて注射します。検査は必要に応じて月1回、視力検査と眼底検査、患部の光干渉断層撮影等を行い、病変部の変化および視機能の変化を確認します。

サプリメント

ビタミンCやビタミンE、β-カロテンという抗酸化ビタミンと亜鉛を一緒に取ることで加齢黄斑変性症の進行が20%~25%抑制できるとの研究結果があります。
食事だけでは推奨とするレベルの栄養を摂取できない人はサプリメントをおすすめしています。

サプリメントの種類

オキュバイト
+ルテイン
オキュバイト
50+DX
プリザー
ビジョン2
将来的なリスクを意識し、毎日の食事栄養素のバランスを見直したい方にお使いいただきたいサプリメントです。 世界の疫学研究に基づきDHA・EPAをプラスしたサプリメントです。加齢を自覚し始めた方にお勧めします。 大規模な米国臨床研究の結果(AREDS2)に基づいた配合です。ハイリスクの方にお勧めしたいサプリメントです。

AREDSに基づくサプリメントを推奨しています

第一期、第二期と実施された大規模臨床試験の結果に基づく配合のサプリメントを処方しております。
世界的にも推奨されているサプリメントですので安心してご使用いただけます。