眼科なら蟹江町のやまだ眼科へ

〒497-0038
愛知県海部郡蟹江町桜4丁目35番地

トピックス TOPICS

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症はどんな病気?

加齢黄斑変性とは、老化に伴って網膜の中心に出血やむくみをきたすことにより視力が低下していく病気です。
早期に発見することで症状や影響を最小限に抑えることができますが、放置すると進行して視力の回復が不能になってしまう場合もあります。
日ごろから、物が歪んで見えないかなど片目ずつチェックをすることが大切です。

こんな場合はご相談ください

  • 視力低下
  • 中心暗転
  • 歪んで見える
  • 視野が欠ける
  • 飛蚊症

加齢黄斑変性症の種類

萎縮型

網膜色素上皮が萎縮し、網膜が障害されます。加齢黄斑変性の多くはこのタイプで、症状は比較的ゆっくりと進行します。

滲出型

網膜色素上皮の下に溜まった老廃物を吸収するため、新生血管が発生し、もろい新生血管が破れて網膜下に血液が漏れ出すのが滲出型です。発症する割合は少ないものの、早く進行します。

50歳以上の5人に1人が
加齢黄斑変性症の予備軍です

眼底に老廃物や色素異常がある場合を加齢黄斑変性症予備軍としており、最近の研究では50歳以上の日本人で1,200万人の方が予備軍であると報告されています。視力の低下に気づきにくい場合も多いので少しでも違和感があればご相談ください。